スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

平山夢明 東京伝説―うごめく街の怖い話 のレビュー

2010-03-12

作者:平山夢明

東京伝説―うごめく街の怖い話 (竹書房文庫) (文庫)

別れた女の実家に供花や卒塔婆を投げ込んでは墓場にする男、腐った赤子を抱いてヒッチハイクする女、ゴキブリを自由に操ることのできる不思議な男…。「超」怖いシリーズの鬼才、平山夢明がじかに拾い集めた、ぬめるような怖さを湛えた本格怪奇譚全42話。幽霊や妖怪など一切出てこない。これはすべて現実の名のもとに起きた恐怖、極限のリアルホラーである。

東京伝説―うごめく街の怖い話 (竹書房文庫)
平山 夢明
竹書房
売り上げランキング: 195981
おすすめ度の平均: 4.5
3 後味が悪い
5 現代の百物語。
5 幽霊話レスの怖い話
5 狂人は狂人を見て、狂っていると感じるのだろうか?
4 都会の街、そのよるべない不安




続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : ホラー小説レビュー
ジャンル : 小説・文学

tag : ホラー短編集 怪談

アンソロジー 文藝百物語 のレビュー

2010-03-12

作者:井上雅彦, 田中文雄, 森真沙子, 加門七海, 菊地秀行, 篠田節子, 霜島ケイ, 竹内義和, 東雅夫

文藝百物語 (文庫)

黄昏時。根津の路地裏に佇む古びた旅館。迷路のような廊下を辿り、ある一室に赴く八つの人影。結界が張りめぐらされ、蝋燭が灯されたその部屋で、彼らは深まる夜のなか、次々と怪異体験を語り始める。百話を完結させるとよからぬことが…と言伝えられる百物語怪談会。鬼気迫る一夜を本書で史実に再現。読む者もおそらくその禍禍しい掟から無縁ではいられない。稀代のホラー作家八人による驚愕の怪談実話集。

文藝百物語
文藝百物語
posted with amazlet at 10.03.12
井上 雅彦 田中 文雄 森 真沙子 加門 七海 菊地 秀行 篠田 節子 霜島 ケイ 竹内 義和
角川書店
売り上げランキング: 75596
おすすめ度の平均: 4.5
5 自分も参加している気分になりました
5 百番目の話を読み終えたら・・・
4 実話なの?
4 こんなこと体験している人たちの方が怖い…
5 実感。



続きを読む

テーマ : ホラー小説レビュー
ジャンル : 小説・文学

tag : ホラー短編集 怪談

中井拓志 アリス のレビュー

2010-03-11

作者:中井拓志

アリス―Alice in the right hemisphere (角川ホラー文庫) (文庫)

九五年八月、東晃大学医学部の研究棟、通称「瞭命館」で六〇名を超す人間が同時に意識障害を起こす惨事が起こった。しかし、懸命の調査にもかかわらず、事故原因は掴めないままとなった。それから七年―。国立脳科学研究センターに核シェルター級の厳重警戒施設が建造されていた。そこは比室アリスという少女を監視・隔離するためのものだった。世界を簡単に崩壊させる彼女のサヴァン能力とは一体!?前人未到のスケールで、最先端の脳科学の未来を紐解いた傑作長編。

アリス―Alice in the right hemisphere (角川ホラー文庫)
中井 拓志
角川書店
売り上げランキング: 160085
おすすめ度の平均: 3.5
3 いろいろと微妙(笑
4 探偵小説
5 角川ホラー作品だけど
2 非常に惜しい。
4 サイエンスサスペンス



続きを読む

テーマ : ホラー小説レビュー
ジャンル : 小説・文学

tag : ホラー・ミステリー

小林泰三 肉食屋敷 のレビュー

2010-03-11

作者:小林泰三

肉食屋敷 (角川ホラー文庫) (文庫)

ジュラシック・パークに刺激された研究者が、6500万年前の地層の中にあるDNAから地球外生命体を復元してしまう「肉食屋敷」、西部劇をモチーフにゾンビの世界を描いた「ジャンク」、人間の一途な愛が恐怖を生み出す「妻への三通の告白」、自分の中にあるもう一つの人格が犯した殺人に怯える「獣の記憶」。現実のちょっと向こう側に渦巻く恐怖の世界を創り上げた傑作短篇集。

肉食屋敷 (角川ホラー文庫)
小林 泰三
角川書店
売り上げランキング: 150821
おすすめ度の平均: 4.5
3 表題作はよかったけど
4 とにかく上手い
5 最高
5 4話4色の短編集
5 読んでみて。



続きを読む

テーマ : ホラー小説レビュー
ジャンル : 小説・文学

tag : ホラー短編集

道尾秀介 鬼の跫音 のレビュー

2010-03-10

作者:道尾秀介

鬼の跫音 (単行本)

心の中に生まれた鬼が、私を追いかけてくる。―もう絶対に逃げ切れないところまで。一篇ごとに繰り返される驚愕、そして震撼。ミステリと文芸の壁を軽々と越えた期待の俊英・道尾秀介、初の短篇集にして最高傑作。

鬼の跫音
鬼の跫音
posted with amazlet at 10.03.10
道尾 秀介
角川グループパブリッシング
売り上げランキング: 100198
おすすめ度の平均: 3.5
4 怖い。でも止められない。そんな一冊。
5 夏に読みたい短編集です。
2 怖いとは感じなかった…
3 「S」でつなぐ短編集
5 満点の…!!



続きを読む

テーマ : ホラー小説レビュー
ジャンル : 小説・文学

tag : ホラー短編集 ホラー・ミステリー

夢野久作 少女地獄 のレビュー

2010-03-10

作者:夢野久作

少女地獄 (角川文庫) (文庫)

可憐な少女姫草ユリ子は、すべての人間に好意を抱かせる天才的な看護婦だった。その秘密は、虚言癖にあった。ウソを支えるためにまたウソをつく。【夢幻」の世界に生きた少女の果ては…。

少女地獄 (角川文庫)
少女地獄 (角川文庫)
posted with amazlet at 10.03.10
夢野 久作
角川書店
売り上げランキング: 5284
おすすめ度の平均: 4.5
5 あっコレ短編集だったの??
5 タイトルどおり
4 すごい
5 少女という虚構
5 自分の心がつくった「地獄」で破滅する女性たち



続きを読む

テーマ : ホラー小説レビュー
ジャンル : 小説・文学

tag : ホラー短編集

東野圭吾 変身 のレビュー

2010-03-10

作者:東野圭吾

変身 (講談社文庫) (文庫)

平凡な青年・成瀬純一をある日突然、不慮の事故が襲った。そして彼の頭に世界初の脳移植手術が行われた。それまで画家を夢見て、優しい恋人を愛していた純一は、手術後徐々に性格が変わっていくのを、自分ではどうしょうもない。自己崩壊の恐怖に駆られた純一は自分に移植された悩の持主(ドナー)の正体を突き止める

変身 (講談社文庫)
変身 (講談社文庫)
posted with amazlet at 10.03.10
東野 圭吾
講談社
売り上げランキング: 3308
おすすめ度の平均: 4.0
5 変身のはじまりはじまりー・
3 人間の潜在的な意識
5 とにかく
5 すごい!
1 救いようのない位暗い




続きを読む

テーマ : ホラー小説レビュー
ジャンル : 小説・文学

tag : SFホラー ホラー・ミステリー

京極夏彦 旧(ふるい)怪談―耳袋より のレビュー

2010-03-05

作者:京極夏彦

旧(ふるい)怪談―耳袋より (幽ブックス) (単行本)

江戸時代に聞き集めた、怪しい話、奇妙な話。

旧(ふるい)怪談―耳袋より (幽ブックス)
京極 夏彦
メディアファクトリー
売り上げランキング: 37622
おすすめ度の平均: 4.0
5 これこそ日本の真の怪談
5 個人的には「可愛がるから」がベスト。
4 旧い話。
5 江戸時代版の都市伝説を読むような不思議な感覚
3 こんな怖さがあったのか、と思わせる本でした



続きを読む

テーマ : ホラー小説レビュー
ジャンル : 小説・文学

tag : ホラー短編集 怪談

飴村行 粘膜蜥蜴 のレビュー

2010-03-03

作者:飴村行

粘膜蜥蜴 (角川ホラー文庫) (文庫)

国民学校初等科に通う堀川真樹夫と中沢大吉は、ある時同級生の月ノ森雪麻呂から自宅に招待された。父は町で唯一の病院、月ノ森総合病院の院長であり、権勢を誇る月ノ森家に、2人は畏怖を抱いていた。〈ヘルビノ〉と呼ばれる頭部が蜥蜴の爬虫人に出迎えられた2人は、自宅に併設された病院地下の死体安置所に連れて行かれた。だがそこでは、権力を笠に着た雪麻呂の傍若無人な振る舞いと、凄惨な事件が待ち受けていた…。

粘膜蜥蜴 (角川ホラー文庫)
飴村 行
角川書店(角川グループパブリッシング)
売り上げランキング: 29834
おすすめ度の平均: 4.5
5 バカで愛嬌満点の河童、最高!
5 稀に見る構想力と"虫酸が走る"描写力とで
読む者を圧倒する傑作
5 今年読んだ中で、一番面白かった。
4 坊っちゃん応援歌
4 どろどろの世界観



続きを読む

テーマ : ホラー小説レビュー
ジャンル : 小説・文学

tag : ホラー・ミステリー SFホラー

小川洋子 寡黙な死骸 みだらな弔い のレビュー

2010-03-02

作者:小川洋子

寡黙な死骸 みだらな弔い (中公文庫) (文庫)

息子を亡くした女が洋菓子屋を訪れ、鞄職人は心臓を採寸する。内科医の白衣から秘密がこぼれ落ち、拷問博物館でベンガル虎が息絶える―時計塔のある街にちりばめられた、密やかで残酷な弔いの儀式。清冽な迷宮を紡ぎ出す、連作短篇集。

寡黙な死骸 みだらな弔い (中公文庫)
小川 洋子
中央公論新社
売り上げランキング: 116943
おすすめ度の平均: 4.5
5 連載のあるべき姿。
5 飲まれます!!
5 秀逸なタイトルと奇妙に繋がる短編たち
5 静かな弔いの短編集
4 幻惑の輪の中に・・・




続きを読む

テーマ : ホラー小説レビュー
ジャンル : 小説・文学

tag : ホラー短編集 サイコホラー

RSSリンクの表示
リンク
プロフィール

Author:ホライゾン



好きな小説家は
小林泰三
筒井康隆
貴志祐介
上田早夕里

等など、他にも沢山いますが書ききれません。

本当に怖い、面白いホラー小説の紹介
レビューを中心にブログを運営しています。
宜しければブックマークやRSS登録お願いします。

相互リンクやお問い合わせについては

horror_noveljp[a]yahoo.co.jp
までよろしくお願いします。

ブログ内検索
著者名
その他
あわせて読みたいブログパーツ

にほんブログ村 小説ブログへ
人気ブログランキングへ
ブログランキング


  • seo
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。