スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中井拓志 アリス のレビュー

2010-03-11

作者:中井拓志

アリス―Alice in the right hemisphere (角川ホラー文庫) (文庫)

九五年八月、東晃大学医学部の研究棟、通称「瞭命館」で六〇名を超す人間が同時に意識障害を起こす惨事が起こった。しかし、懸命の調査にもかかわらず、事故原因は掴めないままとなった。それから七年―。国立脳科学研究センターに核シェルター級の厳重警戒施設が建造されていた。そこは比室アリスという少女を監視・隔離するためのものだった。世界を簡単に崩壊させる彼女のサヴァン能力とは一体!?前人未到のスケールで、最先端の脳科学の未来を紐解いた傑作長編。

アリス―Alice in the right hemisphere (角川ホラー文庫)
中井 拓志
角川書店
売り上げランキング: 160085
おすすめ度の平均: 3.5
3 いろいろと微妙(笑
4 探偵小説
5 角川ホラー作品だけど
2 非常に惜しい。
4 サイエンスサスペンス



続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : ホラー小説レビュー
ジャンル : 小説・文学

tag : ホラー・ミステリー

中井拓志 レフトハンド のレビュー

2010-02-18

作者:中井拓志

レフトハンド (角川ホラー文庫) (文庫)

製薬会社テルンジャパンの埼玉県研究所・三号棟で、ウィルス漏洩事件が発生した。漏れだしたのは通称レフトハンド・ウィルス、LHVと呼ばれる全く未知のウィルスで致死率は100%。しかし、なぜ三号棟がこのウィルスを扱っていたのかなど、確かなことはなにひとつわからない。漏洩事故の直後、主任を務めていた研究者・影山智博が三号棟を乗っ取った。彼は研究活動の続行を要請、受け入れられなければウィルスを外へ垂れ流すと脅かす…。第4回日本ホラー小説大賞長編賞受賞作。

レフトハンド (角川ホラー文庫)
中井 拓志
角川書店
売り上げランキング: 392536
おすすめ度の平均: 3.0
4 ホラーと言うよりかSFではないだろうか??
2 内容より何より、まずは文章が下手
3 アイデアは良い
4 見る人が見ればいいかもしれない。
1 これは・・・?



続きを読む

テーマ : ホラー小説レビュー
ジャンル : 小説・文学

tag : SFホラー

RSSリンクの表示
リンク
プロフィール

ホライゾン

Author:ホライゾン



好きな小説家は
小林泰三
筒井康隆
貴志祐介
上田早夕里

等など、他にも沢山いますが書ききれません。

本当に怖い、面白いホラー小説の紹介
レビューを中心にブログを運営しています。
宜しければブックマークやRSS登録お願いします。

相互リンクやお問い合わせについては

horror_noveljp[a]yahoo.co.jp
までよろしくお願いします。

ブログ内検索
著者名
その他
あわせて読みたいブログパーツ

にほんブログ村 小説ブログへ
人気ブログランキングへ
ブログランキング


  • seo
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。