FC2ブログ

スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

貴志祐介 十三番目の人格(ペルソナ)―ISOLA のレビュー

2010-02-15

作者:貴志祐介

十三番目の人格(ペルソナ)―ISOLA (角川ホラー文庫) (文庫)

賀茂由香里は、人の強い感情を読みとることができるエンパスだった。その能力を活かして阪神大震災後、ボランティアで被災者の心のケアをしていた彼女は、西宮の病院に長期入院中の森谷千尋という少女に会う。由香里は、千尋の中に複数の人格が同居しているのを目のあたりにする。このあどけない少女が多重人格障害であることに胸を痛めつつ、しだいにうちとけて幾つかの人格と言葉を交わす由香里。だがやがて、十三番目の人格「ISOLA」の出現に、彼女は身も凍る思いがした。第三回日本ホラー小説大賞長編賞佳作。

十三番目の人格(ペルソナ)―ISOLA (角川ホラー文庫)
貴志 祐介
角川書店
売り上げランキング: 78922
おすすめ度の平均: 4.0
4 正義(美女)と悪(醜女)
5 途中から結末は予測できるが
3 多重人格
3 貴志ホラーとしては微弱な刺激。
4 精神について




すばらしく緻密な構成力


多重人格の少女・森谷千尋。彼女の中の人格それぞれには、それにふさわしい名前が付いている。13番目に現れた人格の名は「ISOLA」。この名前にはどんな秘密が隠されているのか?
主人公は、人の強い感情を読みとることが出来るエンパス・賀茂由香里。心のケアのボランティアとして、阪神大震災後間もない西宮を訪れ、森谷千尋を担当することになる。彼女は、名前と特徴が明確になってきた森谷千尋の中の人格のうち、「ISOLA」にだけ異質なものを感じる。それは何故なのか?

この作品は、単なる多重人格障害を扱ったものでない。阪神大震災発生時のある意外な事故が、多重人格障害に絡んでくる。それは「ISOLA」の秘密とも関係しているのであるが、この緻密な構成力は本当にすばらしいと思う。不自然さのない描写力とともに「まさにプロ」と、うならされる作品である。


着眼点は良かった

主人公である女性は「エンパス」という他人の激情を読み取ることができる能力を持つ。そして彼女は多重人格である一人の少女に出会うのだが、その少女の中に潜む人格のうちの一つが恐ろしい人格であり、その人格が引き起こす恐怖と戦っていくというようなホラー小説となっている。
「多重人格」と「エンパス」、この二つに着眼したのがよかったように思う。主人公は少女な中に潜む「各人格」達の激情をよみとることができる。きっと「多重人格」だけを取り扱うだけではありがちな感じだし、「エンパス」という能力がただ単に「他人の心を読む」だけでなく「激情を読み取る」という能力であったのも作者は物語中で何度も触れている。おそらく作者もかなり気を遣って書いたように思われる。
ただ、「恐怖の人格」との戦いのラストはかなりあっけなかった。逆にエンディングは予想できなかったなかなかいい終わり方であり、多分戦いよりもエンディングの方に力を入れたかったのだろうと思う。
作者の作品は、ホラー小説ながら、えげつない「妖怪」のようなものがあまり出てこないように思うのでホラー嫌いの人にとってもなかなか読みやすいと思う。


恐怖!の裏に・・・


貴志祐介先生の書く物語はいつも後半に近付くにつれ、
読者を恐怖に陥れます。「黒い家」「クリムゾンの迷宮」しかり・・。
この物語も貴志先生お得意の手法で描かれており、
恐怖のあまり、家へ帰る道のりが怖くて仕方なかったくらいです。

ただ、「ISOLA」は恐怖の裏に男と女の悲しい物語もあり、

読んでいて奥深さも感じました。読んでいて飽きない本です。


十三番目の人格(ペルソナ)―ISOLA (角川ホラー文庫)
貴志 祐介
角川書店
売り上げランキング: 78922
おすすめ度の平均: 4.0
4 正義(美女)と悪(醜女)
5 途中から結末は予測できるが
3 多重人格
3 貴志ホラーとしては微弱な刺激。
4 精神について

テーマ : ホラー小説レビュー
ジャンル : 小説・文学

tag : サイコホラー ホラー・ミステリー

コメントの投稿

非公開コメント

RSSリンクの表示
リンク
プロフィール

ホライゾン

Author:ホライゾン



好きな小説家は
小林泰三
筒井康隆
貴志祐介
上田早夕里

等など、他にも沢山いますが書ききれません。

本当に怖い、面白いホラー小説の紹介
レビューを中心にブログを運営しています。
宜しければブックマークやRSS登録お願いします。

相互リンクやお問い合わせについては

horror_noveljp[a]yahoo.co.jp
までよろしくお願いします。

ブログ内検索
著者名
その他
あわせて読みたいブログパーツ

にほんブログ村 小説ブログへ
人気ブログランキングへ
ブログランキング


  • seo
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。