FC2ブログ

スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

朱川湊人 白い部屋で月の歌を のレビュー

2010-02-15

作者:朱川湊人

白い部屋で月の歌を (角川ホラー文庫) (文庫)

ジュンは霊能力者シシィのもとで除霊のアシスタントをしている。仕事は霊魂を体内に受け入れること。彼にとっては霊たちが自分の内側の白い部屋に入ってくるように見えているのだ。ある日、殺傷沙汰のショックで生きながら霊魂が抜けてしまった少女・エリカを救うことに成功する。だが、白い部屋でエリカと語ったジュンはその面影に恋をしてしまったのだった…。斬新な設定を意外なラストまで導き、ヴィジョン豊かな美しい文体で読ませる新感覚ホラーの登場。第十回日本ホラー小説大賞短編賞受賞作。

白い部屋で月の歌を (角川ホラー文庫)
朱川 湊人
角川書店
売り上げランキング: 159043
おすすめ度の平均: 4.0
4 個人的には併録の「鉄柱」がオススメ
5 警告
4 表紙カバーのイラストがなんかキモチわるい
4 幻想味、哲学的考察を味わえる文学的香気溢れる作品
4 描写力がいいですね



透明な恐怖


2つの話があります。両方、暗くて、美しくて、透明感が高く、悲しくて、怖い物語です。
一つは、「日本ホラー小説大賞短編賞」をとった表題作。
除霊の憑坐(よりしま)~一度霊を、自分の中に引き入れる~を行う主人公が、自分の中に引き入れた女性の霊に恋をしたことから始まる悲劇を描きます。

もう一つは、田舎へ引っ越した若夫婦が巻き込まれる、田舎の因習の恐怖を描いたものです。

どちちらも、短編といいながら、120ページ以上はあり、また、話の展開の面白さ、アイディア、描写の新鮮さ、文章のキレ、完成度という面で、読み応えのあるものでした。ひたすら怖い!というホラーでなく、透明感の高い恐怖、何か、別の世界の恐怖を、綺麗なガラス越しに見ているような恐怖を覚えました。

寝る前に読んだら、似たような夢を見ました。(怖かった~)
そのぐらい印象に残る話であると思います。

もしかしたら、文章で、好き/嫌いがでる話かも、です。


意外性に富む秀作ホラー


冒頭の除霊の場面のシュールな描写から読ませる。
ホラーの常道をしっかり守りながら、伏線をはりめぐらした
異様な世界が展開。主人公に感情移入したらすでに結末の
驚愕が約束されている。
末尾の荒俣宏の講評はネタばらしな箇所もあるので本編を
読まれてから読むことをすすめる。


鉄柱


表題作はラストがなんともいえず美しいです。朱川湊人の丁寧でやさしい文体
と相性が抜群のお話だと思いました。
同時収録の「鉄柱」はもっといいです。
住民たちが口々に「世界で一番幸せに生きられる」と言う辺鄙な田舎町に越し
てきた主人公は、そこでの異常な風習に戸惑います。この世にも奇妙な物語的
な設定を、読後あっさり片付けられないような芯のあるドラマとして書き上げ
た朱川さんはやっぱり普通のホラー作家とは一線を隔した位置にいると思います


白い部屋で月の歌を (角川ホラー文庫)
朱川 湊人
角川書店
売り上げランキング: 159043
おすすめ度の平均: 4.0
4 個人的には併録の「鉄柱」がオススメ
5 警告
4 表紙カバーのイラストがなんかキモチわるい
4 幻想味、哲学的考察を味わえる文学的香気溢れる作品
4 描写力がいいですね


テーマ : ホラー小説レビュー
ジャンル : 小説・文学

tag : ファンタジー・幻想ホラー

コメントの投稿

非公開コメント

RSSリンクの表示
リンク
プロフィール

ホライゾン

Author:ホライゾン



好きな小説家は
小林泰三
筒井康隆
貴志祐介
上田早夕里

等など、他にも沢山いますが書ききれません。

本当に怖い、面白いホラー小説の紹介
レビューを中心にブログを運営しています。
宜しければブックマークやRSS登録お願いします。

相互リンクやお問い合わせについては

horror_noveljp[a]yahoo.co.jp
までよろしくお願いします。

ブログ内検索
著者名
その他
あわせて読みたいブログパーツ

にほんブログ村 小説ブログへ
人気ブログランキングへ
ブログランキング


  • seo
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。