FC2ブログ

小野不由美 屍鬼 のレビュー

2010-02-16

作者:小野不由美

屍鬼〈1〉 (新潮文庫) (文庫)

人口わずか千三百、三方を尾根に囲まれ、未だ古い因習と同衾する外場村。猛暑に襲われた夏、悲劇は唐突に幕を開けた。山深い集落で発見された三体の腐乱死体。周りには無数の肉片が、まるで獣が蹂躪したかのように散乱していた―。闇夜をついて越して来た謎の家族は、連続する不審死とどう関わっているのか。殺人か、未知の疫病か、それとも…。超弩級の恐怖が夜の帳を侵食し始めた。

屍鬼〈1〉 (新潮文庫)
屍鬼〈1〉 (新潮文庫)
posted with amazlet at 10.02.16
小野 不由美
新潮社
売り上げランキング: 93906
おすすめ度の平均: 4.0
3 S.キングの「呪われた町」の日本版。
だが、基礎にあるキリスト教的宗教観のため共感しずらい。
3 1、3、4巻は好きですが。
1 期待はずれ
3 あれ…
4 大変面白かったのですが…




屍鬼と人


社会からは隔離されたとある村,閉鎖された空間の中でじわりじわりと人間社会を侵食していく屍鬼.
生きるためには人を糧にしなければならない彼らは,決して人間と共存できる存在ではない.
事態に気付きそうな者,自分たちに害になりそうな者を巧妙に排除し,規模を広げていった彼らだが,智恵と勇気を持った指導者により団結した村人たちの反撃にあう.
繰り広げられる地獄絵図,屍鬼以上の残虐性を見せる村人達,もはやそこに倫理観は存在しない.対立する二つの勢力.そのどちらにも言い分があり,絶対に譲ることは出来ない.
正義は何処にあるのだろうか?


果たして、恐ろしいのは「どちら側」なのか


「村は死によって包囲されている…」この象徴的な文で始まる通り、ひとつの死をきっかけに、閉鎖的で小さな村にじわじわと死が蔓延し始めます。
死の理由がわかるにつれて「え?こういう話の展開?」と個人的には思ったり、また圧倒的なボリューム、登場人物の多さや場面の切り替わりの早さなどにも初めは戸惑いまが、読み進めるうちに緻密で魅力的な世界観、文章力にぐいぐい引き込まれました。
登場人物の一人が書いている小説と対比されながらの展開も見事です。
ホラーというカテゴリになるようですが、その枠だけには収まらない、深く考えさせられる、そして哀しい話です。傑作。


後半にいくにつれ盛り上がる


正直一巻と二巻は退屈だ。
冗長で散漫で、一巻を買った人がシリーズ制覇の購買意欲をそそられるかは難しい。
一巻で挫折してしまう人が多いのも無理はない。
一巻二巻の内容はそれこそ「うちの村人大紹介」に集約される。
登場人物が多い。何十人といる。
それらの登場人物を俎上にのせひとりずつ紹介していくのだが、次から次へと視点が切り替わってついていけなくて混乱する。
それに一巻ではまだ何も起きてない。
変死が頻発し死者が増え始め徐徐に不気味な雰囲気が漂い始めているが、それだけで終わってしまう。
つまりはまるまる一巻かけてプロローグに徹してるのだ。

しかし三巻中盤あたりから俄然盛り上がり話に引き込まれる。
一巻が起、二巻・三巻・四巻が承だとしたら、五巻で一気に転がきて怒涛の如く惨劇と死者を畳み掛けて結がくる。

とくに屍鬼側のキャラが魅力的だ。
妖艶かつ神秘的な魅力を秘めた沙子のカリスマ性は特筆に価する。永遠の少女たるべしと運命付けられた彼女が、廃墟の聖堂で静信と逢瀬を重ねる様が、陰惨な物語における浄化装置として独特の効果を上げる。

何十人と配された脇人物と中には大した出番もなく退場するものも多いが、屍鬼でありながら屍鬼になりきれず、脆い人の心で罪悪感に苦悩する沙子のキャラひとつとっても、この話は成功している。

五巻のスピーディーな逆転劇には圧倒されること必死。特に酒屋の親父のはじけっぷりが凄い。屍鬼より凶悪。それまでは屍鬼の存在の不気味さが強調されていたが、五巻では一転し団結した人間の狂気が描かれ、瞬くまに屍鬼の大群を飲み込んでしまう。

取水口のシーンはグロいので要注意。
欲を言えば恵と親友の真っ向対決が見たかったなあ……。


屍鬼〈1〉 (新潮文庫)
屍鬼〈1〉 (新潮文庫)
posted with amazlet at 10.02.16
小野 不由美
新潮社
売り上げランキング: 93906
おすすめ度の平均: 4.0
3 S.キングの「呪われた町」の日本版。
だが、基礎にあるキリスト教的宗教観のため共感しずらい。
3 1、3、4巻は好きですが。
1 期待はずれ
3 あれ…
4 大変面白かったのですが…


屍鬼 1 (ジャンプコミックス)
藤崎 竜 小野 不由美
集英社
おすすめ度の平均: 3.5
3 漫画として、どうなの!?
1 普通に下手だと思ってしまいました
5 凍りつくという表現がしっくりくる
5 先に読むといい
2 絵が見づらい

テーマ : ホラー小説レビュー
ジャンル : 小説・文学

tag : ホラー・ミステリー サイコホラー

コメントの投稿

非公開コメント

RSSリンクの表示
リンク
プロフィール

ホライゾン

Author:ホライゾン



好きな小説家は
小林泰三
筒井康隆
貴志祐介
上田早夕里

等など、他にも沢山いますが書ききれません。

本当に怖い、面白いホラー小説の紹介
レビューを中心にブログを運営しています。
宜しければブックマークやRSS登録お願いします。

相互リンクやお問い合わせについては

horror_noveljp[a]yahoo.co.jp
までよろしくお願いします。

ブログ内検索
著者名
その他
あわせて読みたいブログパーツ

にほんブログ村 小説ブログへ
人気ブログランキングへ
ブログランキング


  • seo