FC2ブログ

スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

平山夢明 異常快楽殺人 のレビュー

2010-02-17

作者:平山夢明

異常快楽殺人 (角川ホラー文庫) (文庫

昼はピエロに扮装して子供たちを喜ばせながら、夜は少年を次々に襲う青年実業家。殺した中年女性の人体を弄び、厳しかった母への愛憎を募らせる男。抑えがたい欲望のままに360人を殺し、現在厳戒棟の中で神に祈り続ける死刑囚…。無意識の深淵を覗き込み、果てることない欲望を膨らませ、永遠に満たされぬままその闇に飲み込まれてしまった男たち。実在の大量殺人者七人の究極の欲望を暴き、その姿を通して人間の精神に刻み込まれた禁断の領域を探った、衝撃のノンフィクション。

異常快楽殺人 (角川ホラー文庫)
平山 夢明
角川書店
売り上げランキング: 20735
おすすめ度の平均: 4.0
5 怖いものみたさ
5 ロバート・K・レスラーのより面白い
3 欠点は欠点。その上で欠点を越えて。
4 シリアルキラー
4 読む前に心の準備を(笑)



満足


異常殺人の心理や行動など とにかく興味のある人は
この本を読んで満足できるはず。
ただ 読みきってから すごく疲れてしまいます。
それだけ 深い物だったと私は思っています。
連続殺人の生い立ちから殺人にいたるまで・・・
また殺害方法から そのときの環境など・・・
面白かったというか 買って読んでみてよかったと思いました。


深い…深すぎる


私は以前から「マーダーケースブック」など連続殺人や殺人に関する本を愛読していたのだが、この本を読んだ時に「うーむ」とうなってしまった。
今まで読んだ、どの本より殺人者の心情に近付いた本だと思ったからだ。
これでもかとばかりに畳み込むような殺人描写も気持ち良いくらいだ。
グロ描写の苦手な人が読むと倒れてしまいかねないけれど、このジャンルが好きな人はぜひ一度読んでみてほしい。


想像以上


おわりに"に、この本を短期間で読んで無事に帰還、
現在に至るも何の変調もなければ、
あなたの精神は相当なものであるというようなことが書いてある。
確かにその通りだったと思う。
想像するに耐えない場面が繰り広げられていた。
主に7人の犯罪者が紹介されているが、
それと合わせて、似たような犯罪を犯したものなども紹介されており、

大変興味深かった。
また、巻末に参考文献の紹介もあり、
この手の本に興味がある人にはよい道しるべになるだろう。


異常快楽殺人 (角川ホラー文庫)
平山 夢明
角川書店
売り上げランキング: 20735
おすすめ度の平均: 4.0
5 怖いものみたさ
5 ロバート・K・レスラーのより面白い
3 欠点は欠点。その上で欠点を越えて。
4 シリアルキラー
4 読む前に心の準備を(笑)


テーマ : ホラー小説レビュー
ジャンル : 小説・文学

tag : スプラッタホラー サイコホラー

コメントの投稿

非公開コメント

RSSリンクの表示
リンク
プロフィール

ホライゾン

Author:ホライゾン



好きな小説家は
小林泰三
筒井康隆
貴志祐介
上田早夕里

等など、他にも沢山いますが書ききれません。

本当に怖い、面白いホラー小説の紹介
レビューを中心にブログを運営しています。
宜しければブックマークやRSS登録お願いします。

相互リンクやお問い合わせについては

horror_noveljp[a]yahoo.co.jp
までよろしくお願いします。

ブログ内検索
著者名
その他
あわせて読みたいブログパーツ

にほんブログ村 小説ブログへ
人気ブログランキングへ
ブログランキング


  • seo
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。