FC2ブログ

スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

井上夢人 メドゥサ、鏡をごらん のレビュー

2010-02-20

作者:井上夢人

メドゥサ、鏡をごらん (講談社文庫) (文庫)

作家・藤井陽造は、コンクリートを満たした木枠の中に全身を塗り固めて絶命していた。傍らには自筆で「メドゥサを見た」と記したメモが遺されており、娘とその婚約者は、異様な死の謎を解くため、藤井が死ぬ直前に書いていた原稿を探し始める。だが、何かがおかしい。次第に高まる恐怖。そして連鎖する怪死。

メドゥサ、鏡をごらん (講談社文庫)
井上 夢人
講談社
売り上げランキング: 312607
おすすめ度の平均: 3.5
5 間違いなく面白い!
1 別にホラーじゃない(失笑)。全く怖くないで賞。
2 なんだ、ホラーか。
4 欲求不満が残る。
1 失敗作




コワかった・・・


ホラーの神髄は、"閉じない"ことにある。
ラストがまるくおさまっちゃったり、あろうことかハッピーエンドになったりしては、ホラー失格なんである。
その意味でこの作品は、間違いなくホラーです。
読んでから数年たつけど、未だに"怖かった"リスト上位に位置しています。


井上夢人のデビュー作


岡嶋二人と言う、合作作家プロジェクトから生まれた作家が井上夢人だ。という話は今更するまでもないくらい有名な話である。
氏の作による「おかしな二人」を読めばわかる事だ。そして、この「メドゥサ、鏡をごらん」は、井上夢人氏の本質的な意味でのデビュー作である…と私は思う。
もちろん、ダレカナカニイルから、もつれっぱなしに至まで、井上作品はすべて高いクオリティーを有しているが、それらの作品と本作品との間には本質的な違いがあるような気がしてならない。
「メドゥサ、鏡をごらん」より前の作品は、すべて岡嶋を良い意味でも悪い意味でも引きずっているように思われてならない。
もちろん、合作とはいえ、自分の半身なのだから引きずらない方がおかしいのであるが、本作品にて初めて「かつて岡嶋二人の片割れであった自分が井上夢人として描く作品」を感じるのは私だけだろうか。
何かが吹っ切れたようなそんな印象を本作品に感じる。
そんな意味で、事実とは違うが、本作品は井上夢人のデビュー作なのだと私は思う。



読後、最も沈む小説。


超常現象に対する怖さ、人間の愚かさ、理解不能な事態への不安感、解けない謎に対する焦燥…。あらゆる恐怖が詰まった、私の中ではホラーの金字塔。
「表紙も恐いが中身も恐い」と、発売当時に書評されていました。
あまりにも不条理かつ不可解なので、好き嫌いは相当分かれると思いますが、読み込むと、自分なりの解釈が得られる奥深い一冊。どちらかというと上級者向けです。

それと映像化は不可能で、“小説”であることを利用した、“小説”でなければ成立しないストーリーです。
“メドゥサを見た”と書き残して自殺した大作家。その娘である菜々子と、その婚約者は、彼が死ぬ直前に書いていたと思われる遺稿を探し始めます。
この婚約者の青年が主人公なのですが、彼は知らなくていいことを知ってしまった為、悲惨なラストへ。
ネタバレになるので詳しくは書けませんが、どこで空間がねじれたんだ?と、考えるとゾッとします。そんなお話。
影の主役“メドゥサ”ことあずさちゃんの壮絶な生涯と、子供たちの無邪気で残酷なイジメ方には、読んだあと死にたくなる(!?)程のショックを受けます。
すべては因果応報?と感じてしまう程、“メドゥサ”側に感情移入してしまうことでしょう。
ホラー小説を読んで、ここまで大泣きしたのはこの話くらいです。素晴らしい作品です。




メドゥサ、鏡をごらん (講談社文庫)
井上 夢人
講談社
売り上げランキング: 312607
おすすめ度の平均: 3.5
5 間違いなく面白い!
1 別にホラーじゃない(失笑)。全く怖くないで賞。
2 なんだ、ホラーか。
4 欲求不満が残る。
1 失敗作



テーマ : ホラー小説レビュー
ジャンル : 小説・文学

tag : ホラー・ミステリー

コメントの投稿

非公開コメント

RSSリンクの表示
リンク
プロフィール

ホライゾン

Author:ホライゾン



好きな小説家は
小林泰三
筒井康隆
貴志祐介
上田早夕里

等など、他にも沢山いますが書ききれません。

本当に怖い、面白いホラー小説の紹介
レビューを中心にブログを運営しています。
宜しければブックマークやRSS登録お願いします。

相互リンクやお問い合わせについては

horror_noveljp[a]yahoo.co.jp
までよろしくお願いします。

ブログ内検索
著者名
その他
あわせて読みたいブログパーツ

にほんブログ村 小説ブログへ
人気ブログランキングへ
ブログランキング


  • seo
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。