スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アンソロジー 文藝百物語 のレビュー

2010-03-12

作者:井上雅彦, 田中文雄, 森真沙子, 加門七海, 菊地秀行, 篠田節子, 霜島ケイ, 竹内義和, 東雅夫

文藝百物語 (文庫)

黄昏時。根津の路地裏に佇む古びた旅館。迷路のような廊下を辿り、ある一室に赴く八つの人影。結界が張りめぐらされ、蝋燭が灯されたその部屋で、彼らは深まる夜のなか、次々と怪異体験を語り始める。百話を完結させるとよからぬことが…と言伝えられる百物語怪談会。鬼気迫る一夜を本書で史実に再現。読む者もおそらくその禍禍しい掟から無縁ではいられない。稀代のホラー作家八人による驚愕の怪談実話集。

文藝百物語
文藝百物語
posted with amazlet at 10.03.12
井上 雅彦 田中 文雄 森 真沙子 加門 七海 菊地 秀行 篠田 節子 霜島 ケイ 竹内 義和
角川書店
売り上げランキング: 75596
おすすめ度の平均: 4.5
5 自分も参加している気分になりました
5 百番目の話を読み終えたら・・・
4 実話なの?
4 こんなこと体験している人たちの方が怖い…
5 実感。



百番目の話を読み終えたら・・・


今作は稀代のホラー作家8人によって、実際に行われた『百物語』を文章に起こしたものです。
ご存知の方ばかりだとは思いますが、『百物語』とは、
『数人が夜、一箇所に集まって、1つずつ順番に『恐ろしい話(怪談)』を語り、話し終える度に目の前の蝋燭の炎を消していき、100本目の炎が消えた時に『何か(よからぬこと)』が起こる』というアレです。

今回の『百物語』は、1997年3月17日の夕刻から、東京・根津の路地裏に佇む古びた旅館で、会場には『結界』を張り、外界との連絡を一切絶った上で、執り行われました。
しかも話される内容は、参加した作家が『実際に体験した実話』ばかり。
普段から『怪異』を求めて取材などを行っている作家だけあって、語られる内容は信じられないものばかりです。

さて、始めは周りの出方を伺うかのように、『恐怖』よりも『違和感』や『奇妙さ』が目立つ話が披露されますが、徐々にヒートアップし、文字通り『身の毛がよだつ』ような鬼気迫るエピソードが、次から次へと繰り広げられていきます。
それは既に語られた話を、文字で追っているだけの読者にも、まるで今目の前で語られているかのような『臨場感』と『迫力』で迫ってくるのです。
いや、背後には実際に『何か』がいる気配まで・・・。
最後の『百話目』を読み終えたら、こちらの身にも『何か』が起こるのでは、という気にすらさせる8人+αの語り部たちの『百物語』。

おすすめです。


こんなこと体験している人たちの方が怖い…


ホラー小説に興味がある方なら聞き覚えのある作家8人を集めて、結界まで作って本格的に百物語をやっちゃった、という九十九話が収められています。

ホラー小説家らしくみんなさらさら語っているので、話自体は怖いというより面白くすいすい読めてしまう。驚くのは実体験の多いこと。こんなに怖い目にあっていたら、旅行どころか自分の家の暗がりも怖くなりそうだけど、見えてしまう人には予感したときに避ける手はあっても、出会ってしまったものは仕方ないようです。で、これが自分の身に降りかかることだったらと、改めて読んだ話を思い返すと後ろを振り返ることが怖くなること請け合いです。

百物語をしている時にずっと聞こえていた鈴の音や、参加者の一人が窓の裂け目から何か入ってくると言い募って、穴を塞いだなんて百物語の時に実際に起こった出来事の方が深々と迫ってきます。これだけの体験をしている方々ですから、何年か後にまた企画して頂きたいものです。


文藝百物語
文藝百物語
posted with amazlet at 10.03.12
井上 雅彦 田中 文雄 森 真沙子 加門 七海 菊地 秀行 篠田 節子 霜島 ケイ 竹内 義和
角川書店
売り上げランキング: 75596
おすすめ度の平均: 4.5
5 自分も参加している気分になりました
5 百番目の話を読み終えたら・・・
4 実話なの?
4 こんなこと体験している人たちの方が怖い…
5 実感。




テーマ : ホラー小説レビュー
ジャンル : 小説・文学

tag : ホラー短編集 怪談

コメントの投稿

非公開コメント

RSSリンクの表示
リンク
プロフィール

ホライゾン

Author:ホライゾン



好きな小説家は
小林泰三
筒井康隆
貴志祐介
上田早夕里

等など、他にも沢山いますが書ききれません。

本当に怖い、面白いホラー小説の紹介
レビューを中心にブログを運営しています。
宜しければブックマークやRSS登録お願いします。

相互リンクやお問い合わせについては

horror_noveljp[a]yahoo.co.jp
までよろしくお願いします。

ブログ内検索
著者名
その他
あわせて読みたいブログパーツ

にほんブログ村 小説ブログへ
人気ブログランキングへ
ブログランキング


  • seo
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。