スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

平山夢明 ミサイルマン―平山夢明短編集 のレビュー

2010-03-02

作者:平山夢明

ミサイルマン―平山夢明短編集 (単行本)

前作『独白するユニバーサル横メルカトル』(光文社)で推理作家協会賞を受賞、さらに「このミステリーがすごい!2007年版」で第1位となるなど、小説界の話題を席巻した異才の第二短編集。テレクラで売春する女たちを殺して皮を剥ぐ快楽殺人者たちを主人公にした表題作をはじめ、吸血鬼、食人鬼、人狼がこの最低な世界に跋扈する! 想像力と表現の限界に挑み続けた戦いの成果、7編を収録。

宮部みゆき氏轟沈!「不用意に読んで2時間寝込みました。異形のマエストロ、凄すぎ。」

香山二三郎氏――「聖と俗、惨酷と哀愁のアクロバット。これぞ、平山大サーカス!」

中原昌也――「病的に乾いた笑いと、破けた糞袋・・・現代最狂ハードボイルド作家の放つ異臭を嗅げ!」

ミサイルマン―平山夢明短編集
平山 夢明
光文社
売り上げランキング: 192237
おすすめ度の平均: 4.0
2 SF的拷問物語
3 期待していたほどでは・・
5 新感覚
5 異形の者達の異形な価値観
4 前作よりは・・・



続きを読む

テーマ : ホラー小説レビュー
ジャンル : 小説・文学

tag : ホラー短編集 スプラッタホラー SFホラー

西浦和也 虚空に向かって猫が啼く のレビュー

2010-03-02

作者:西浦和也

虚空に向かって猫が啼く 百奇蒐集録 (竹書房文庫) (文庫)

ホラー好き、中でも実話怪談が好物という貴方なら、すでにご存じか、一度ならずともその名を耳にしたことがおありだろう。西浦和也―老舗怪談サイト“コ・ワ・イ・ハ・ナ・シ・ヤ・ミ・ノ・サ・サ・ヤ・キ”の管理人にして、怪談文学の金字塔とも言うべき大ベストセラー「新耳袋 現代百物語」の取材協力者として有名な、あの“にしうらわ”である。その彼がついに(ある意味、満を持してと言うべきか)作家としてソロデビューするというのだから、これはもう事件である。しかも、百物語。一人で百話、すべて実話である。シンプル、クール、ノスタルジック…そこにはすでに普遍と言ってもいい輝きが見てとれる。どの話もそれぞれに美味であり、怪談グルメな貴方の舌を飽きさせぬ絶品揃いであることをここに保証しよう。

虚空に向かって猫が啼く 百奇蒐集録 (竹書房文庫)
西浦和也
竹書房
売り上げランキング: 187041
おすすめ度の平均: 4.0
3 現代の怪談集としては秀逸。だが「それだけ」なのが残念。
4 読み応えはありました
5 面白かった?
5 怪談のスタンダード
2 タイトルが上手です




続きを読む

テーマ : ホラー小説レビュー
ジャンル : 小説・文学

tag : ホラー短編集 怪談

立原透耶 ひとり百物語 怪談実話集 のレビュー

2010-03-01

作者:立原透耶

ひとり百物語 怪談実話集 (幽ブックス) (単行本(ソフトカバー)

電鉄に勤務する弟が見た、人間でないものたち。何かにせかされるようにして喪服を購入した数週間後に、お葬式に。ベッドのまわりをうろつく黒スーツの男。何年にもわたってつきまとう水色のトレーナーの男。中国で遭遇したケモノのような心霊。父母姉が遭遇した怪異の数々・・・。YA、ラノベ分野では著作の多い作家・立原透耶が満を持して、実話怪談を発表! 視える作家、と自負るす立原透耶が体験した怪異は、新耳袋の恐怖を超えた?? 平山夢明氏、加門七海氏、実話怪談の巨匠がその怖さを保障する!お墨付きをいただいた最恐実体験怪談。

ひとり百物語 怪談実話集 (幽ブックス)
立原透耶
メディアファクトリー
売り上げランキング: 55935
おすすめ度の平均: 4.0
3 中身検索で興味が薄れました。
5 著者の語りが、「なにか」を呼び寄せる・・
4 期待どおり
4 じわじわ効く
4 文庫になるのを待ちましょう




続きを読む

テーマ : ホラー小説レビュー
ジャンル : 小説・文学

tag : ホラー短編集 怪談

綾辻行人 殺人鬼 のレビュー

2010-02-28

作者:綾辻行人

殺人鬼 (新潮文庫) (文庫)

夏期合宿のため双葉山を訪れた親睦団体「TCメンバーズ」の一行。人里離れた山中での楽しいサマーキャンプは、突如出現した殺人鬼によって、阿鼻叫喚の地獄と化した。次々と殺されてゆく仲間たち…手足が切断され、眼球が抉りだされ、生首は宙を舞う。血塗れの殺戮はいつまで続くのか。殺人鬼の正体は。驚愕の大トリックが仕掛けられた、史上初の新本格スプラッタ・ホラー。

殺人鬼 (新潮文庫)
殺人鬼 (新潮文庫)
posted with amazlet at 10.02.27
綾辻 行人
新潮社
売り上げランキング: 139905
おすすめ度の平均: 3.0
2 最後まで読むことができなかった本。
4 割り切っていて良いです。
2 期待しすぎない方がよい
4 綾辻行人の“裏代表作”
3 怖すぎる




続きを読む

テーマ : ホラー小説レビュー
ジャンル : 小説・文学

tag : ホラー・ミステリー スプラッタホラー

乙一 平面いぬ。 のレビュー

2010-02-28

作者:乙一

平面いぬ。 (集英社文庫) (文庫)

「わたしは腕に犬を飼っている―」ちょっとした気まぐれから、謎の中国人彫師に彫ってもらった犬の刺青。「ポッキー」と名づけたその刺青がある日突然、動き出し…。肌に棲む犬と少女の不思議な共同生活を描く表題作ほか、その目を見た者を、石に変えてしまうという魔物の伝承を巡る怪異譚「石ノ目」など、天才・乙一のファンタジー・ホラー四編を収録する傑作短編集。

平面いぬ。 (集英社文庫)
乙一
集英社
売り上げランキング: 78203
おすすめ度の平均: 4.0
4 総じて良い作品集だと思います。
2 そっくりな作品。
5 切ない!でも、読まずにはいられない・・・。
5 心にしみる
2 良作




続きを読む

テーマ : ホラー小説レビュー
ジャンル : 小説・文学

tag : ホラー短編集 ファンタジー・幻想ホラー

篠田節子 夏の災厄 のレビュー

2010-02-27

作者:篠田節子

夏の災厄 (文春文庫) (文庫)

東京郊外のニュータウンに突如発生した奇病は、日本脳炎と診断された。撲滅されたはずの伝染病が今頃なぜ?感染防止と原因究明に奔走する市の保健センター職員たちを悩ます硬直した行政システム、露呈する現代生活の脆さ。その間も、ウイルスは町を蝕み続ける。世紀末の危機管理を問うパニック小説の傑作。

夏の災厄 (文春文庫)
夏の災厄 (文春文庫)
posted with amazlet at 10.02.26
篠田 節子
文藝春秋
売り上げランキング: 185698
おすすめ度の平均: 4.5
5 公務員という災厄
5 すばらしい!
3 事実は小説より奇なり
5 ヒーローのいないパニック小説
5 3回くらい読み返しちゃったよ




続きを読む

テーマ : ホラー小説レビュー
ジャンル : 小説・文学

tag : パニックホラー 長編ホラー

雨宮淳司 恐怖箱 怪医 のレビュー

2010-02-27

作者:雨宮淳司

恐怖箱 怪医 (竹書房文庫 HO 48) (文庫)

科学の聖域とも言うべき医療の現場で起きた、想像を絶する異常現象。にわかには信じがたい―だが人ならざるモノの存在を肯定しなければ説明のつかぬ怪奇事件の数々を、長く医療に携わってきた著者が物語風につづった戦慄の異色実話怪談集
。これがすべて本当にあった話だというのだから、もう病院へ行くことが恐ろしくなる。生と死の交差点、病院。そこに霊が存在することを当たり前と見るか否か、それはあなた次第である。ただ、最先端科学をもってしても消せぬ何かが今日も潜んでいる、そのことだけはもはや疑いようがない。ある意味、病院そのものがひとつの巨大な病巣と言えなくもない。実話怪談コンテスト“超‐1”2006年度大会で発掘された異才が、ついにデビュー。従来の「病院の怖い話」とは一線を画する重厚な大人向け怪談であることをここに宣言する。

恐怖箱 怪医 (竹書房文庫 HO 48)
雨宮 淳司
竹書房
売り上げランキング: 67920
おすすめ度の平均: 4.5
4 意外と現実味のある話だと
4 新鮮だが
5 「実話」が極上の「ホラー小説」に
5 新生現る?
5 今までなかった怪談集




続きを読む

テーマ : ホラー小説レビュー
ジャンル : 小説・文学

tag : ホラー短編集 怪談

木原浩勝 九十九怪談 第一夜 のレビュー

2010-02-27

作者:木原浩勝

九十九怪談 第一夜 (単行本)

そっと身近に現れては消えるさまざまな「怪」。「新耳袋」シリーズで全く新しい現代の怪談スタイルをうち立てた木原浩勝の新シリーズが始動。満を持して送る、現代百物語の新スタンダード誕生!

九十九怪談  第一夜
九十九怪談 第一夜
posted with amazlet at 10.02.26
木原 浩勝
角川グループパブリッシング
売り上げランキング: 53688
おすすめ度の平均: 4.0
4 新耳袋と比べると文字(文章)の
インクから滲み出るような不条理さというか
不思議感が全く伝わってこないだけじゃない
1 薄い
5 実話の怖い話しショート・ショート。
4 恐いだけじゃない
3 怪談の知識は乏しいが



続きを読む

テーマ : ホラー小説レビュー
ジャンル : 小説・文学

tag : ホラー短編集 怪談

アンソロジー 日本怪奇小説傑作集 のレビュー

2010-02-26

作者:紀田順一郎, 東雅夫

日本怪奇小説傑作集1 (創元推理文庫) (文庫)

イギリスに伍して、怪奇幻想小説の最も広大な沃野と、奥深い背景を備えている国は日本である。民話、説話から近世の草双紙を辿り今日にいたるまで、妖異奇談の類は膨大な数にのぼる。この傑作集は、日本の怪奇小説が最大限のおもしろさと多様性を発揮した、明治以降の精華を選りすぐったものである。読者よ、本書を手がかりとして、“もう一つの文学史”の発見に到達されんことを。

日本怪奇小説傑作集1 (創元推理文庫)
紀田 順一郎 東 雅夫
東京創元社
売り上げランキング: 172081
おすすめ度の平均: 4.0
5 怖い....
4 怪奇小説を通して近代文学に親しむ
4 日本ホラー小説を俯瞰する好企画
4 収録作品一覧
4 独特のぬめり




続きを読む

テーマ : ホラー小説レビュー
ジャンル : 小説・文学

tag : ホラー短編集 怪談

京極夏彦 嗤う伊右衛門 のレビュー

2010-02-26

作者:京極夏彦

嗤う伊右衛門 (中公文庫) (文庫)

幽晦との境界が、破れている。内部の薄明が昏黒に洩れている。ならばそこから夜が染みて来る…。生まれてこのかた笑ったこともない生真面目な浪人、伊右衛門。疱瘡を病み顔崩れても凛として正しさを失わない女、岩―「四谷怪談」は今、極限の愛の物語へと昇華する!第二十五回泉鏡花文学賞受賞作。

嗤う伊右衛門 (中公文庫)
京極 夏彦
中央公論新社
売り上げランキング: 22254
おすすめ度の平均: 4.5
4 頑なな心
5 純愛のかっこよさ
5 深淵妖面たる京極結界の最高傑作
5 美しい魑魅魍魎の世界
5 人間の心の闇に迫る名作




続きを読む

テーマ : ホラー小説レビュー
ジャンル : 小説・文学

tag : 怪談

RSSリンクの表示
リンク
プロフィール

ホライゾン

Author:ホライゾン



好きな小説家は
小林泰三
筒井康隆
貴志祐介
上田早夕里

等など、他にも沢山いますが書ききれません。

本当に怖い、面白いホラー小説の紹介
レビューを中心にブログを運営しています。
宜しければブックマークやRSS登録お願いします。

相互リンクやお問い合わせについては

horror_noveljp[a]yahoo.co.jp
までよろしくお願いします。

ブログ内検索
著者名
その他
あわせて読みたいブログパーツ

にほんブログ村 小説ブログへ
人気ブログランキングへ
ブログランキング


  • seo
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。